山尾志桜里議員の不倫から分かる「主婦不倫」の増加

山尾志桜里 不倫

夫婦にとって「不倫」は、夫婦生活の終わりを意味することが多いですよね。特に、「不倫発覚」となった場合は、もはや夫婦状態は破綻へ。

今、大きな話題になっているのが山尾志桜里議員。

「日本死ね」でおなじみの議員ですが、「不倫死ね」と言われる状況になっているんです。

 



◆山尾志桜里議員の不倫相手の弁護士は倉持麟太郎だと話題に

山尾志桜里議員の不倫疑惑のお相手が、弁護士の倉持麟太郎さん。

議員の不倫が相次ぎますが、この「年下男性&年上女性の不倫」って今、かなり流行っているんです。

  • 色気があって実際に“する”とヤバイ
  • 大人の余裕があって後腐れがない
  • お金を出してくれる女性が多い
  • 昼間に比較的暇な主婦層が多いため、大学生と時間が合いやすい

参考:民進党議員 山尾志桜里&弁護士倉持麟太郎の「不倫死ね」

ちなみに山尾志桜里議員は「不倫は否定」というかまえ。

でも、こういったスキャンダルが浮上してしまうと、家庭内の空気は最悪なものになってしまいますよね。

 

◆アラフォー主婦が不倫発覚!離婚慰謝料&生涯孤独の罰も受けて…

山尾志桜里 不倫

山尾志桜里議員の年齢は43。ちなみにお相手弁護士の年齢は33と、10歳差不倫ですよね。

ちなみに、こういった不倫状況は一般女性にも多いもの。

もしかすれば、今隣りにいる妻が「不倫をしている」なんて可能性もゼロではありませんよ。

でも、こういった離婚を通して「痛手」を負う女性も増加中。

  • 一方的な離婚慰謝料の支払い
  • 子どもがいる場合は、親権放棄
  • 熟年不倫だったせいか、相手も見つからずに生涯孤独

山尾志桜里議員の場合は、「日本死ね」で一層有名になりましたが、待っている声は「不倫死ね」の自暴自棄の声かもしれません。

 

まとめ

最近、急増している「熟年不倫」。確かに、年上女性がモテる時代でもあるんです。

ただ、理性を飛び越えると待っているのが不倫バレ。

ゲス不倫をした結果、待っているのは自分への呪いだけなのかもしれません。

 

<姉妹サイト関連記事>

民進党議員 山尾志桜里&弁護士倉持麟太郎の「不倫死ね」










ぜひ、シェアをお願いします♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です