土下座強要!? 鈴木砂羽タイプのママ友に苦しむ女性は多い…

ママ友

鈴木砂羽さんの「土下座強要事件」は一種の話題になりましたよね。

結局「女同士の戦い」という印象が拭えないものの、この”マウンティングする女性たちの姿”はまさに「ママ友の姿」と重ねることが多いんです。

ヌード姿の過去まである鈴木砂羽さん、かなりの男勝りな姿が「苦手なママ友」に重なる人も多いのでは?

 



◆土下座強要は否定!鈴木砂羽の「姉御肌」に違和感を覚える人も

マルチな活動を見せる鈴木砂羽さんですが、過去にはヌードAV出演疑惑(本だけ?)も話題になっているんです。

雑誌などでは、セミヌードも公開していたりとかなりのマルチタレントぶり。

女性からは「サッパリしていて、好感が持てる」という鈴木砂羽さんなので、今回の「土下座強要事件」は不本意かもしれませんね。

ただ、土下座強要の真実はともかく、こういった「姉御肌」のママ友に悩んでいる女性もけっこういるんです。

 

◆決定権はどっち!? マウンティングママ友の自由奔放ぶり

ママ友

大変なのが、「気の強い、マウンティングママ友」を持ったとき。

相性が良ければ「味方」にあることが多い、鈴木砂羽さんのようなママ友もいるものの、一度敵に回せば「ママ友に振り回される」なんてことにも。

“土下座強要”でひとたび話題になってしまった鈴木砂羽さんは、バラエティやドラマ、舞台に活躍する節に「気強さ」も見ることができるタイプ。

決定権が相手に渡ってしまった場合、なかなか自分の主張が通らずに苦労することって多いですよね。

 

◆鈴木砂羽タイプの「ママ友」とうまく付き合うには

鈴木砂羽 ママ友

いつもニコニコしているようでも、実は内心は「ムカつく!」と思いがちなのが女の世界。

特に、「ママ友同士」は色々なしがらみがあるんです。

鈴木砂羽タイプの「マウンティングママ友」と付き合うには、自分のスタイルを保つことが大切。

  • 言いたいことを言える相手になる
  • マウンティングママ友が「ストレス」にならないようにする
  • 自分の意見を「言えない」という相手は回避を
  • 相手の意見より「自分の考え」を重視する
  • 鈍感力を磨く

女性の世界には色々あるもの。せめて、自分らしさを忘れないようにしたいですよね。

 

まとめ

鈴木砂羽さんは「土下座強要」は否定している感じ。ただ、どうやら「出演中止」を決定した元共演者には“不服な思い”が強い模様ですよね。

ママ友間でも、こういった「マウンティング」のトラブルはつきもの。

大事なのは、いかに自分に対してストレスを溜めないこと。自分の考え方も大事にして、ママ友同士の軋轢で苦しまないようにしたいですよね。

 

<姉妹サイト関連記事>

鈴木砂羽 土下座強要の真実で話題?ヌードとアンダーヘア










ぜひ、シェアをお願いします♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です