初めての保育園!働くママが心掛けたい2つのポイント

働くママ 初めての保育園

産休・育休明け。実は、仕事に復帰するのが待ちきれなかった!なんて、仕事が大好きなワーキングママさん、最近増えているんだそうです。

その一方で、「我が子を1日保育園に預けて大丈夫かしら……?」なんて、そんな心配もつきもの。

そこで、今日は、初めてお子さんを保育園に預ける際、ママのあなたにぜひ心掛けていただきたい、代表的な2つのポイントをご紹介します。

 



◆「仕事に行くこと」に罪悪感をもたない

「もしかして仕事に復帰したいっていうのは、私の勝手なエゴじゃないかしら。ある意味、これって育児放棄っていうんじゃないかしら?」

仕事復帰する自分に罪悪感を抱いてしまうケースは、ほとんどの保育園ママさんがどなたも体験することなのです。

ですが、ちょっと冷静になって考えてみてください。やりたい仕事を我慢して、ベッタリ一日我が子と過ごすことが「良いこと」で、保育園に預けて仕事に行くことが「悪いこと」なのでしょうか?

答えは「NO」です。

保育園(認可)は、大人たちが考えるより、ずっと子どもたちの成長を促すさまざまな工夫が満載の、いわば子どもにとっての楽園なのです。

そして、あなたが仕事に出かけることは、決して悪いことでも何でもなく、むしろ社会に貢献している素晴らしいことなのだ、と誇りを持ちましょう。

朝、保育園に預けに行って、「ママ、お仕事に行ってくるけどゴメンネ」とお子さんに謝るのは絶対にNG。

「ママはお仕事行ってきまーす! お利口にしてるのよぉ!」と、笑顔でギューッとしてお別れするのが、必ずお子さんのためになるのだということ。心しておいてくださいね。

 

◆職場では10分の残業を断る勇気を持つ

実はこれ、ワーキングママさんにとって、一番難しいことなのです。

17時ピッタリに退社しなければ、保育園のお迎えに間に合わない! なのに16時58分くらいに「10分程で終わるので、これだけ大至急でお願いできますか?」と言われたら……あなたはちゃんと「NO」が言えますか? ね、すごく難しいでしょう?

つい「10分くらいなら……」と、引き受けてしまうかもしれません。

ですが、ここはキッパリと、「もう出ないと保育園のお迎えが間に合わないんです」と断る勇気が必要です。

ここで悪い空気になるのを恐れて引き受けてしまうと、10分が15分になり、やがて30分になってしまいます。ですがキッパリした態度をとり続けることで、「彼女は17時退社厳守だから、それまでに仕事を頼まないと!」という空気が、職場全体に自然と生まれてきます。

それが好意的になるまでは、時間がかかる場合ももちろんあります。ですが、普段のあなたが懸命に働くこと、子育てをしながら働かせてもらえる職場への感謝を怠らないこと、そして、子どものお迎えは絶対に厳守なのです、という強い姿勢を貫くことで、必ず職場の空気は変わります。

そうした意識も、ワーキングママには必須で心しておきたいものです。

 

まとめ

育児と仕事の両立。今、まさに真っ只中にいるママたちはまさしく戦場のような忙しさでしょう。

ですが大変なことはたくさんあっても、辛いことは1つもない。それが、育児も仕事も楽しめている、ワーキングママの現状です。

いつかお子さんが成長したとき、「一番育児を頑張っていたかも?」と思える時期は、おそらく保育園時代となるでしょう。

最後にもうひとつ。育児しながら仕事を頑張るママを一番大好きなのは、お子さん自身であること。忘れないであげてくださいね。










ぜひ、シェアをお願いします♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です